2.8.6[曲線指定リサイズ[頂点]]コマンド 
HPに戻る
目次へ  

選択されている立体を曲線指定で部分的にサイズ変更します。

 ツール
 
  操作イメージ
*物体を認識します→NUMキーを押す→曲線指定りサイズコマンドを起動→基準点制御点数設定を設定→青点をクリック、もしくはドラッグで範囲を設定します。→曲線の編集の要領で編集をする→右クリックで終了



このコマンドを起動した場合、それ以前に起動中であったコマンドは自動的に終了されます。手順を以下に示します。

1.対象となる立体を選択します。(詳細は、立体選択方法を参照)

2.基準線の制御点数を変更する場合(通常制御点数:5

[数値モード]コマンドを起動し、数値入力状態とします。数値入力ショートカットキー(通常:SHIFT)を押しながら、メニューを起動すると[数値モード]コマンドの起動を省略することができます。

3.[曲線指定リサイズ[頂点]]コマンドを起動します。
4.数値入力状態の場合


[基準線制御点数設定]ダイアログボックス

[基準線制御点数設定]ダイアログボックスが表示されます。基準線制御点数を指定します。有効点数は250となります。

5.立体を囲むボックスの両端の中心にトラッカーが表示されます。

6.トラッカーをクリックまたはドラッグして基準線を指定します。

トラッカーをクリックすると ボックスの中心が基準となります。このとき、通常は立体の+方向に基準線が表示されます。SHIFTを押しながらク リック/ドラッグすると− 方向に基準線が表示されます。立体の両側のサイズを変更するときはCTRLを押しながらクリック/ドラッグします。

7.基準線のトラッカーをドラッグして基準線を指定します。

それに連動して、 対象の立体の片側/両側のサイズが変わります。

トラッカーの移動は縦方向のみです。

このコマンドは自動的に終了されません。終了は、コマンド終了方法を参照してください。トラッカーについては、トラッカー操作方法を参照してください。数値入力ショートカットキーは、[システム環境設定]コマンドで変更することも出来ます。


http://www.youtube.com/watch?v=T4AbUFjPR_Q

Ver1.1以降

曲線指定に使われる線を通常の曲線編集のような操作に変更しました。




ピンク点をクリックで制御点が挿入され青のカーソルが現れます。
青のカーソルをSiftクリックすることで、曲線と折線の属性が変わります。


F5を押した後にコマンド起動で範囲設定ができます。

 



(時期開発のための拡張です。現在は、限定された使用方法になります。
 範囲を設定する際には、各物体の制御できる線に依存しますので
 垂直及び平行な線の入った位置での範囲でご使用ください。)
 




 
 Copyright 2009 GLB Co., Ltd All Right Reserved