2.8.5[直線指定リサイズ[頂点]]コマンド 
HPに戻る
目次へ  
*BASIC版にはありません

選択されている立体を部分的にサイズ変更します。

 ツール  
 
 ファンクションキー(Ver1.1以降) 
 F5  範囲限定
  操作イメージ
*物体を認識します→直線指定リサイズコマンドを起動→緑点で範囲を決めます→青点をドラッグ→
→右クリックで終了。
*青点の中心の点をクリックするt範囲を半分にさせたり、半分から対象にリサイズができます。

このコマンドを起動した場合、それ以前に起動中であったコマンドは自動的に終了されます。手順を以下に示します。
  1.対象となる立体を選択します。(詳細は、立体選択方法を参照)

2.[直線指定リサイズ[頂点]]コマンドを起動します。

範囲限定用トラッカー(深緑色)が立体のボックスの四隅に表示されます。

3.範囲限定用トラッカーをドラッグし、範囲を指定します。

ドラッグしたトラッカーに沿ってライン(緑色)が表示され、ドラッグしたトラッカーがあった側にサイズ変更用トラッカー(青色)が3つ表示されます。中央のサイズ変更用トラッカーをクリックするか、ライン(緑色)と平行方向にドラッグすると範囲限定用トラッカー(深緑色)に変わり、ライン(緑色)と垂直方向にもう1つライン(黄色)が表示されます。ライン(緑色・黄色)とサイズ変更用トラッカー(青色)に囲まれた部分がリサイズ範囲となります。反対側の範囲限定用トラッカー(深緑色)をドラッグするともう1つのライン(緑色)が表示され、サイズ変更用トラッカー(青色)は2つのライン(緑色)の中央部に移ります。中央の範囲限定用トラッカー(深緑色)をクリックするか、ライン(緑色)と平行方向にドラッグするとライン(緑色)と垂直方向にもう1つのライン(黄色)が表示されます。トラッカーをクリック/ドラッグした後で、[削除]コマンドを起動するとクリック/ドラッグ前の状態に戻せます。

4.サイズ変更用トラッカー(青色)をドラッグし、サイズを変更します。

任意の方向(画面上の水平/垂直)にドラッグして、サイズを変更します。

このコマンドは自動的に終了されません。終了は、 コマンド終了方法を参照してください。トラッカーについては、トラッカー操作方法を参照してください。数値入力ショートカットキーは、[システム環境設定]コマンドで変更することも出来ます。


http://www.youtube.com/watch?v=c2mwJsaSg_o

Ver1.1以降
範囲限定(今後の開発を行う上での拡張機能)
作業範囲の設定を1軸プラスしました。
作業イメージ 
1.F5を押してから、コマンドを起動

2.範囲設定をする。
緑のカーソルを動かすと別の画面にピンクの範囲決定のカーソルが表示される



ピンクのカーソルで範囲を狭める。




現在のところJCADは、断面がある方向の制御が強く反映されるので
作業方向は考慮しなければなりません。

 
 Copyright 2009 GLB Co., Ltd All Right Reserved