2.9.5[制御点列回転]コマンド 
HPに戻る
目次へ  

選択されている立体(曲面)の制御点列(断面)を回転します。
 ツール キーボード 
   ALT+O
  キーボードファンクション
 押下無しコマンド起動  通常制御点列回転
 F5押下後コマンド起動 生成時形状モード反転制御点列回転
F6 押下後コマンド起動  シェーディング反転制御点列回転
 Ver1.1追加
 F12押下後コマンド起動  範囲限定
  操作イメージ
*物体を認識→制御点列回転コマンドを起動→断面(緑点)を認識→ピンクの中心点とハンドルが表示→ハンドルをドラッグする→右クリックで終了

このコマンドを起動した場合、それ以前に起動中であったコマンドは自動的に終了されます。
手順を以下に示します。


1.対象となる立体(曲面)を選択します。(詳細は、立体選択方法を参照)

2.回転角度を数値入力する場合
 数値モード]コマンドを起動し、数値入力状態とします。数値入力ショートカットキー(通常:SHIFT )を押しながら、メニューを起動すると[数値モード]コマンドの起動を省略することができます。
3.回転角度を数値表示する場合[数値を表示]コマンドを起動します。数値表示状態となります。
4. 時形状モードを現在の設定から反転する場合¢¡を押して、生成時形状モードを反転します。 生成時形状モードが有効の場合、生成時の形状で曲面編集が行えます。(通常は有効)
5.シェーディングを現在の設定から反転する場合
 F6を押して、シェーディングを反転します。シェーディングが有効の場合、透視図の立体がシェーディングされた状態になります。
6.[制御点列回転]コマンドを起動します
7.制御点列位置にトラッカーが表示されます。トラッカー色は、深緑色で断面方向の制御点列です。
8.断面を選択します。(断面中心位置にトラッカーを表示)
    
・左ボタンクリック:制御点列の選択
    
・左ボタンドラッグ:制御点列の選択
    
・制御点選択追加キー(通常:CTRL)+左ボタンクリック:それ以前の選択制御点に      追加選択
9.数値入力状態の場合

回転軸用の法線ベクトルを決定するために 3面図上のいずれかの 1 平面でクリックします。

    

    [回転角度設定]ダイアログボックス

[回転角度設定]ダイアログボックスが表示されます。回転角度を指定します。

10.数値入力状態以外(マウス入力)の場合
   3面図のいずれかの1平面で断面中心点トラッカー(薄紫色)の周りをドラッグしながら回転します。このとき、   数値表示状態の場合は、回転角度を数値表示します。

このコマンドは自動的に終了されません。 終了は、 コマンド終了方法を参照してください。 トラッカーについては、トラッカー操作方法を参照してください。数値入力ショートカットキー、制御点選択追加キー、生成時形状、シェーディングは、[システム環境設定]コマンドで変更することもできます。張力係数に 0以外が設定されている場合は、移動させた制御点以外にも影響を及ぼします。詳しくは、[張力係数]コマンドを参照してください。
Ver1.1以降
  範囲限定機能を作成しました。
  現在は物体の中心を自動取得し各軸からみた方向前側後ろ側という方向を指定することにより
  制御点を非表示にします。この有効という項目は、チェックを入れることにより表示させるということになります。
  また、前後というのは、前=最少位置方向 後=最大位置方向となります。
  下記のように設定すると。X軸後ろ側(最大値なので)の制御点が非表示になります。
 


制御点移動において、範囲を超えると非表示になります。(開発の余地があります。)

 
 Copyright 2009 GLB Co., Ltd All Right Reserved