1.2コマンド起動方法  
HPに戻る
目次へ  

コマンドの起動は、メニューバー/ツールバー/キーボード/マウス操作からの4つの方法があります。


1.メニューバーからの起動

マウスによる起動とキーボードによる起動の2つの方法があります。

a)マウスカーソルをメニューバーの該当するメニューに合わせ、左ボタンをクリックします。指定したメニューに含まれるコマンドが表示されるのでマウスカーソルを起動するコマンドに合わせ、左ボ タンをクリックし起動します。

bALTキーを押すとメニューバーの入力状態に切り替わります。(再度押すと元に戻ります)この状態  各メニュ ー(コマンド)に割り付けられている 英数字キーを押して起動します。または→.↑.↓キーで対象コマンドまで移動してEnterキーを押して起動します。

2.ツールバーからの起動

該当するツールバーが表示されている状態で、マウスカーソルをツールバーのボタンに合わせ、左ボタンをクリックし起動します。ツールバーの表示と非表示を切り 替えるには[ツールバーを表示]コマンドを参照してください.


3.キーボードからの起動
 

新規作成   Ctrl+N  曲線生成  Alt+A
 ファイルを開く Ctrl+O  掃引体  Alt+B
 上書き保存  Ctrl+S  回転体  Alt+C
 名前を付けて保存  Ctrl+F  スペース  Alt+D
 VIEWER DATA 保存  Ctrl+J 移動 Alt+E
 印刷  Ctrl+P 回転 Alt+F
 元に戻す(UNDO)  Ctrl+Z  鏡像  Alt+G
 やり直し(REDO)  Ctrl+Y  サイズ変更  Alt+H
 削除  Deleate  円筒曲げ  Alt+I
 表示モード  Ctrl+M  ひねり(立体編集)  Alt+J
 数値表示  Ctrl+K  せん断  Alt+K
 ズームイン  Ctrl+I  制御点移動  Alt+L
 ズームアウト  Ctrl+T  制御点列移動  Alt+M
 自動倍率  Ctrl+A  制御点列挿入  Alt+N
 画面指定倍率  Ctrl+E  制御点列回転  Alt+O
 画面スクロール  Ctrl+Q ひねり(曲面編集) Alt+P
 トラックアップ  Ctrl+U  拡大・縮小  Alt+Q
 トラックダウン  Ctrl+D  断面制御点移動  Alt+R
 参照点指定  Ctrl+C  ベース線移動  Alt+S
 透視図変更  Ctrl+V  リングサイズ合わせ  Alt+T
 グリッド表示  Ctrl+G  石枠生成  Alt+U
 グリッド拘束  Ctrl+B  石枠自動配置  Alt+V
 GLB表示  Ctrl+L  宝石カット  Alt+W
 Home表示  Ctrl+W  アース  Alt+X
 Home復帰  Ctrl+X  コピーモード  Alt+Y
 シェーディング(OpenGL)  Ctrl+H  数値モード  Alt+Z
 レンダリング(OpenGL)  Ctrl+R    

4.マウスホィールでの操作
 画面制御の一部と立体編集の移動[頂点]はマウス操作でも行えます。
 詳しくは各操作説明をご覧ください。

 
 Copyright 2009 GLB Co., Ltd All Right Reserved